SES転職 エンジニア転職

【SESは絶対やめとけ!】SESに就職するべきではない5つの理由【オススメなエンジニアの働き方3選】

【SESは絶対やめとけ!】SESに就職するべきではない5つの理由【オススメなエンジニアの働き方3選】

 

本記事の内容

  1. SESに就職するべきではない5つの理由
  2. SES以外のエンジニアとして働く3つの方法

 

世の中には様々なIT業界がありますが、その中には「SES企業」も多いのはご存知でしょうか?

SES企業には悪い評判も多く、中には「SES企業を紹介しない」ことをアピールしている企業もあるくらいです。

 

この記事を読んでいる方の中には、SES企業への就職に不安を感じている方も多いのではないでしょうか?

 

悩むルビ子
ルビ子
エンジニア転職で失敗してしまうのは絶対に避けたいです・・・

 

今回はSESに不安を感じている方のために、SESに就職するべきではない理由とオススメなエンジニアの働き方についてご紹介しますね。

 

指差しのカケダシ
カケダシ
未経験からのエンジニア転職を成功させるには、IT業界に関する正しい知識が必要です。

 

では前置きはこのへんにして、早速はじめていきましょう。

 

「SES」とは?

 

疑問を持つルビ子
ルビ子
そもそも「SES」とはどういったものなのでしょうか?

 

「SES」とは?

「システム エンジニアリング サービス」の略で、客先のオフィスに常駐しながらシステムの開発・保守・運用などを行うエンジニアのことを指します。

 

SESの特徴

  1. 自社ではなく客先に常駐して働く
  2. 成果物の納品義務はなし
  3. 労務管理や作業指示に関わる権限は自社(派遣元)にあり、クライアント側にはない
  4. 基本的に残業や休日出勤はNG
  5. 業務内容は開発案件からそうでないものまで幅広い

 

指差しのカケダシ
カケダシ
客先常駐エンジニアとしていろいろな企業に出向いて働くのが、SESの大きな特徴です。

 

SES就職は絶対にやめとくべき5つの理由

 

疑問を持つルビ子
ルビ子
ネットやSNSを見ているとよく「SESはやめとけ!」という意見を目にしますが、なぜそう言われるのでしょうか?

 

実際SNSなどでは、下のようにSNSに関する悪い評判が数多くみられます。

 

 

納得するカケダシ
カケダシ
SESに就職するべきではないのは、以下6つの理由があります。

 

SESに就職するべきではない6つの理由

  1. 働いてもスキルが身に付かず、市場価値が上がりにくい環境
  2. 常駐先がない期間は給料がカットされることも
  3. 偽装請負が起こりやすくブラックな労働環境が多い
  4. 年収は低い位置でキープ&昇給もナシ
  5. 年齢が上がるとクビになる可能性

 

①働いてもスキルが身に付かず、市場価値が上がりにくい環境

SESの多重下請け構造

 

上記イメージのとおり、SESは多重下請け構造の下流工程に位置しています。

元請けの上流工程で「設計」や「要件定義」などを行うため、下流工程のSESには「誰でもできるような仕事がまわってくることが多い」構造になっています。

 

泣いているカケダシ
カケダシ
結果的にテストの実施や簡単なデータ入力などの業務を任せられることも多く、中には備品をひたすら梱包するだけという、もはやエンジニアでもない業務をふられるケースもあるそう・・・

 

下流工程を担当するSESでは開発経験が積むことが難しいため、市場価値を高めづらい労働環境になっています。

 

悩むルビ子
ルビ子
市場価値を高められないとその会社にしがみつくしかなくなり、結果的にどんどん人生の選択肢が狭まってしまいます。

 

②常駐先がない期間は給料がカットされることも

SESの空白期間

 

SESは企業間の契約によって成り立っているため、契約期間と契約期間の間に空白期間が生まれてしまうことがあります。

 

SES企業は社員を派遣してはじめて利益がでるため、この空白期間中のSES企業の利益は0になります。

しかしその間も社員に対する給料は支払わなければいけません。

 

泣いているカケダシ
カケダシ
空白期間中も給与を全額補填してくれるSESもありますが、ひどいところになると給与の4割がカットされてしまうSES企業もあります・・・

 

「法律的に違法ではないのか?」と思いたくもなる話ですが、労働基準法上4割までの賃金カットは認められています。

 

労働基準法 休業手当(第26条)

会社側の都合により労働者を休業させた場合、休業させた所定労働日について、平均賃金の6割以上の手当(休業手当)を支払わなければなりません。

 

③偽装請負が起こりやすくブラックな労働環境が多い

SESの偽装請負

 

SES企業は常駐先企業との間で、「準委任契約」を結ぶことによってエンジニアを派遣しています。

労務管理や作業指示を行うのはあくまでSES企業でなければならず、クライアントから直接残業や休日出勤を指示されることは法律違反となります。

 

泣いているカケダシ
カケダシ
しかし実際の常駐先では、クライアントが直接指示する「偽装請負」が横行している現場も多く、結果的にブラックな労働環境で働いているSESエンジニアが多いのが現場です。

 

悩むルビ子
ルビ子
自社エンジニアを外部に派遣しているため、SESが自社エンジニアの実態を細かく把握するのは難しそうですね・・・

 

④年収は低い位置でキープ&昇給ナシ

 

SESの場合、勤務経験10年以上のベテランエンジニアであっても年収相場は400〜500万円くらいが相場といわれています。

 

悩むルビ子
ルビ子
思ったよりも年収が低いんですね・・・

 

SESの年収が上がりにくい理由

  • 会社に搾取される
  • 上流工程に搾取される
  • 単価が頭打ちになる

 

IT人材の派遣業界において1人あたりのエンジニア単価は、1ヶ月60〜80万円くらいが相場です。

そこから会社の利益分を引くことになるので、経験豊富なベテランエンジニアでも年収が500万円くらいで頭打ちになってしまいます。

 

泣いているカケダシ
カケダシ
結果的に年数を重ねても年収が低い位置で停滞する上に、昇給も望めないという悪循環に陥ってしまいます。

 

⑤年齢が上がると自主退職を進められることも

 

SES企業では年齢に比例して、どんどん人材単価も高くなっていきます。

常駐先の企業としてはできるだけコストは抑えたいので、SESで年齢を重ねれば重ねるほど需要とのミスマッチが大きくなるという負のループに。

 

SES企業としても、派遣先が見つからず待機しているだけの社員は無駄なコストでしかありません。

 

泣いているカケダシ
カケダシ
40代以降になると新しい派遣先を見つけるのが難しくなり、なかなか面談が通らない人には自主退職が迫られるようになります。

 

いざ転職先を見つけようにも、それまでの実務の中で開発経験があまりないため転職も絶望的です。

 

悩むルビ子
ルビ子
そうなってから後悔するのは本当に怖いですね・・・

 

SES以外のエンジニアとして働く3つの方法

 

疑問を持つルビ子
ルビ子
SESのエンジニアになるべきではない理由はわかりましたが、そうなるとどういうエンジニアを目指していくべきなのでしょうか?

 

指差しのカケダシ
カケダシ
オススメなのは以下のようなエンジニアです。

 

  1. 自社開発企業のWeb系エンジニア
  2. フリーランスエンジニア
  3. 異業種の社内エンジニア

 

①自社開発企業のWeb系エンジニア

 

まず最初にオススメするのは、「自社開発企業のWeb系エンジニア」です。

自社開発とはその会社で独自のサービスを作っている会社のことで、有名なところでいうと主に以下のような企業があります。

 

自社開発型IT企業の例

  • Facebook
  • Twitter
  • クックパッド
  • 食べログ
  • freee

 

指差しのカケダシ
カケダシ
自社開発企業で働くWeb系エンジニアには、以下のようなメリットがあります。

 

自社開発企業のメリット

  1. 企画から開発まで幅広い工程に関われる
  2. タイトな納期に追われることがない
  3. まわりのエンジニアの技術レベルが高い
  4. 給料が高い
  5. 新しい技術や働き方をすぐ取り入れる柔軟な職場が多い

 

明るいルビ子
ルビ子
SES企業と比べるとなんだかメリットしかなさそうな感じです。

 

指差しのカケダシ
カケダシ
スキルアップや待遇などを見ても、自社開発企業はとてもオススメです。ただその分人気も高く、入社難易度が高いというハードルがあります。

 

SESから自社開発企業を目指すのであれば、自社開発企業に多くの受講生を輩出しているプログラミングスクールに通うのが一番オススメです。

 

指差しのカケダシ
カケダシ
自社開発企業への就職に強いスクールについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

\関連記事/

 

②フリーランスエンジニアになる

常駐型フリーランスとリモート型フリーランス

 

続いてオススメなのが、「フリーランスエンジニア」です。

 

フリーランスエンジニアには「特定の企業に常駐する常駐型」「リモート環境で働く在宅型」があり、各案件ごとに単価契約することになります。

 

指差しのカケダシ
カケダシ
企業エンジニアに比べて会社に守られていない分安定感はなくなりますが、より高単価な案件に参画できるため収入はアップします。

 

またフリーランスエンジニアの大きな魅力は、選ぶ案件の内容によって「週2〜3日勤務」に抑えることが可能ということ。

プログラミングでメインの収入は確保しつつも、空いた時間で他の事業も育てていきたい人にとっては理想的な働き方を実現できます。

 

フリーランスエンジニアのメリット

  1. 収入アップ(年収1000万以上も可能)
  2. 定期的に開発現場を変えられるため、スキルアップしやすい
  3. 副業などの時間も確保しやすい

 

指差しのカケダシ
カケダシ
フリーランスエンジニアになるには、経験者か未経験者かによって大きく方法が変わってきます。

 

フリーランスエンジニアになる方法

経験者:フリーランスエンジニア向けの転職エージェントに登録

未経験者:フリーランスエンジニアを目指すプログラミングスクールで学習する

 

まず経験者の場合は、フリーランスエンジニア向けの転職エージェントに登録するのがオススメです。

 

フリーランスエンジニア専門のエージェント「Midworks」

 

案件数 約1,100件
費用 無料
未経験の応募

※2020年9月時点

 

「Midworks」のメリット

  1. 手厚い保証内容で正社員並の安心感
  2. 給与保証制度あり
  3. 交通費やキャリアアップのための勉強代支給制度

 

\給与保証制度あり!30秒で登録完了/

「新規会員登録」はこちら!

 

プログラミング未経験の場合、いきなりフリーランスになることは現実的ではありません。

 

指差しのカケダシ
カケダシ
効率的に未経験からフリーランスエンジニアを目指したいのであれば、フリーランスエンジニアを目指せるコースがあるプログラミングスクールがオススメですよ。

 

フリーランスエンジニアを目指せるプログラミングスクール

 

指差しのカケダシ
カケダシ
ぼくも実際に侍エンジニア塾を卒業した後に、フリーランスエンジニアとして独立することができました。

 

③異業種の社内SEになる

 

最後は、「異業種の社内SE」です。

 

社内SEとは自社内のシステム管理やインフラの構築業務などを担当する人のことで、簡単にいえば「パソコンに関する社内の何でも屋さん」的な立場の人。

技術力の高さはIT企業ほど重視されないため、現時点であまりスキルがなくても福利厚生の整った大手企業に入社できる可能性が高くなります。

 

指差しのカケダシ
カケダシ
安定を重視する人にはとてもオススメです。

 

社内SEのメリット

  1. 安定感がある
  2. 決まった環境で長く働ける
  3. 納期がない

 

疑問を持つルビ子
ルビ子
安定している社内SEとして働きたいのですが、求人って出ているのでしょうか?

 

考えるカケダシ
カケダシ
「社内SE転職ナビ」は社内SEの転職に特化したエージェントなので、効率的に探すことができますよ!

 

社内SE専門のエージェント「社内SE転職ナビ」

 

案件数 6,500件
費用 無料
未経験の応募

 

「社内SE転職ナビ」のメリット

  1. 紹介するのは、客先常駐のない案件のみ
  2. アドバイザーにノルマ制度がないため、丁寧に時間をかけて対応してくれる
  3. 20〜40代までの幅広い年代で使用可能

 

\SES案件なし!/

社内SE転職ナビの「会員登録」はコチラ

 

社内SEになりたい方にとっては、とてもオススメな転職エージェントになっています。

ただ社内SEに特化しており求人数は少なめになっているため、レバテックキャリアやマイナビエージェントITにもあわせて登録しておくのがオススメです。

 

一緒に登録がオススメ!

  • レバテックキャリア
  • マイナビエージェント

 

指差しのカケダシ
カケダシ
複数の転職エージェントを利用しながら、いろいろな情報を集めるのがエンジニア転職成功のコツです。

 

就職サポート付きのプログラミングスクールもオススメ

 

悩むルビ子
ルビ子
簡単な業務しかしてこなかったのでスキル面がまだまだ足りていないのではないかと不安になります・・・

 

指差しのカケダシ
カケダシ
そういった方には、就職支援や転職保証が付いたプログラミングスクールがオススメです。

 

\関連記事/

-SES転職, エンジニア転職

© 2021 プスヒカ Powered by AFFINGER5